Nujabes

2004年3月のパリコレクションにてコムデギャルソン・ジュンヤワタナベ音楽ディレクターを務める。


Nujabes(ヌジャベス、1974年2月7日 – 2010年2月26日)は、東京都港区西麻布出身のDJ、ヒップホップのトラックメイカー。ペンネームは瀬葉淳(せばじゅん)。

現代の音楽業界全体の流れとは裏腹に、宣伝活動を行わず純粋に音=作品のリリースのみでリスナーから大きな支持を獲得した稀有のインディペンデントレーベル「hydeout productions」主宰。
30数枚の12″ Singleのリリースを経て2003年にファースト・アルバム”metaphorical music”をリリース。揺るぎなき音楽的根幹であり、自らその音楽性、精神性、アティテュード、実験性など全てに影響を受けたと語る70年代〜80年代のJazzを中心にブラックミュージック全般に深い音楽的造詣/ルーツを持つ彼のサウンドは、Hip Hopというループミュージックの魅力/可能性を最大限に引き出し表現している。
2004年3月のパリコレクションにてコムデギャルソン・ジュンヤワタナベ音楽ディレクター、フジテレビ「サムライチャンプルー」(監督は「カウボーイビーバップ」や「アニマトリックス」で知られる渡辺 信一郎氏)のサウンド制作、Sonar Sound Tokyo出演等を経て、2005年11月にセカンド・アルバム”modal soul”を発表。07年11月には”first collection”以来4年半ぶりのレーベルコレクションアルバム”2nd collection”をリリース。08年に入り、Nujabes自身が影響を受けた音楽を集めたコンピ”Modal Soul Classics By Nujabes”を発表。

アルバム
Metaphorical Music (2003.08.21)
Modal Soul (2005.11.11)

その他
Hyde Out Productions First Collection (2003.04.23)
Bullshit As Usual/Pase Rock (2003.04.25)
Samurai Champloo Music Record “departure” (2004.06.23)
1.battlecry(feat.Shing02)
2.the space between two world
3.aruarian dance
4.transcendence
5.mystline
6.1st samurai
17.四季の唄
Samurai Champloo Music Record “impression” (2004.9.22)
8.A Space In Air In Space (Interlude)
9.Sanctuary Ship
10.Haiku (Interlude)
11.Tsurugi No Mai
12.Dead Season
13.Decade (Interlude)
14.World Without Word
15.Kodama (Interlude)
16.Silver Morning
23.Who’s Theme
Hyde Out Productions / 2nd Collection (2007.11.11)
Uyama Hiroto / a son of the sun (2008.07.16)
Kenmochi Hidefumi / Fallicia (2008.11.05)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>